審美・入れ歯のことならバスセンター前駅徒歩5分 札幌市中央区の歯医者「アローデンタルクリニック」にお任せください。

札幌市中央区大通東3丁目2-3 アルファスクエア大通東3・2F

診療時間
9:00〜12:30/14:00~19:30
(土曜は17:00まで)
休診日 
月曜、祝日、第1・3日曜
診療科目
一般歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

ご予約・お問合せはこちらへ

011-233-5557

フロスのおはなし

こんにちは。アローデンタルクリニック院長の澤田です。

皆さんは「フロス」または「デンタルフロス」って聞いたことありますか?「糸ようじ」の方が馴染みがあるかもしれません。簡単に言うと歯と歯の間に通す「糸」です。

 

今日のお話を一言でいうと「フロスをすると口臭が減ります」。

長期的にみるとむし歯予防、歯周病予防にも大変効果がありますが、即効性があり実感しやすい効果として口臭予防を取り上げていきましょう。

 

フロスは歯間ブラシとともに清掃補助用具として知られていますが「歯間ブラシの方が使いやすいしあんまり物が挟まることもないから使ったことがない」という方も多いのではないでしょうか。

しかし!フロスの本当の役割は「歯と歯の間の挟まったものを取る」のではなく「隣接面と歯肉溝内のプラークを除去する」なのです!

歯肉溝内のプラークを除去すると、健康な人の生理的口臭さえも少なくなります。

 

先にちょっと専門的な話を。「隣接面」とは字の通り、歯と歯の隣り合った間の面のことで、普通の歯ブラシでここを磨こうとしてもなかなか完璧には磨けません。舌や頬っぺたなども歯の平らな面には触れますが歯と歯の間までは入り込めずいわゆる「自浄作用」も及びません。なので、虫歯や歯周病菌にとっては大変住みよい環境なのです。実際、むし歯の多くは隣接面から発生しています。

「歯肉溝」は、いわゆる「歯周ポケット」と呼ばれる場所で歯と歯ぐきの間の溝を指します。健康な歯肉溝は2~3㎜で、4㎜以上だと歯周病と言われます。この数ミリの深さのポケットにも細菌が住んでいます。幅が狭いので歯ブラシは入りません。毛先をうまく入れられたとしてもそれは部分的であり、毛先が入り込みすぎて歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

 

この、歯ブラシが届かず外の環境から守られているポケットの中に住んでいる細菌を取り除くことができるのが「フロス」なのです。

 

使い方のポイントは「歯肉溝の中まで入れること」

 

写真を見てください。歯ぐきの中にフロスが入り込んでいますね。でもこれ、まったく痛くないんです。ここまで入れてからフロスを往復させて、歯肉溝の中のプラークをフロスで絡めとっていきます。

フロスにもいろんな種類がありますが、おススメなのが「フロアフロス」です。これは384本の細い糸を縒って太い一本のフロスになっています。他のフロスに比べると太くしっとりした感じです。

私は歯医者なので患者さんに「フロスした方が良いですよ」と指導はしていましたが、実は自分では面倒くさいし必要性を感じなくてやっていませんでした。フロスをしない患者さんの気持ちはよく理解できました。しかしある時、出張先の歯科医院で院長が歯肉溝の中をきれいにする話をしていたのを聞いてフロアフロスを使ってみたところ「使った後のフロスが臭う!」という衝撃の経験をしました。

「これはやる意味がある!」

 

初めてフロアフロスを使った時には恥ずかしながらかなり臭いました。しかし2日目には臭いが激減。3日目からはほとんど感じなくなりました。それ以来毎日続けています・・・とはいかない日もありますよね。すごく疲れた日にはサボってしまったりもします。次の日は早速サボり癖でやらず、すぐ楽な方に流れてしまいます。数日やらず、マメな気分になった日に再開するとまた臭いが…!やはり続けることが大事だなと思い、今はサボっても1日だけにしています。歯ブラシの後だと面倒になりそうな時は、歯ブラシの前にフロスをしています。

 

「使いたいけど滑ってうまく使えなくて、結局使わなくなっている」という方もいると思います。そんな方は「持ち方」がポイント。指に巻く最初のひと巻きを写真のように交差させます。交差させて軽くピンと張ると、上の糸が下の糸を抑え込む形になりズレも防止できます。これで片側の指にきれいな糸を巻き取り指の間の数センチを使用、使った部分は反対側の指に巻きとり、常にきれいなところを使っていきます。奥歯、前歯、上の歯、下の歯全部をきれいにするとだいたい40センチくらい使うことになります。

 

ちなみに私は左の中指にひと巻き交差させたら全部巻き取っていき、最後に右の中指に交差させてスタンバイ完了です。最初から両手にひと巻きして片方に巻き取っていくと、常にテンションがかかるため指先が紫色になってしまいました。テンションをかけずに片側に巻き取ると指が痛くなりません。

長々と語ってきましたが、当時歯科医師として7年目くらいだったでしょうか、そんなに経ってからではありますが、良質なフロスを適切に使う事でフロスをする意味を実感することができました。健康な人もフロスを使う意義は大いにある!正しい使い方を知って(できれば)毎日使ってほしい!と思っています。「使ってみたいけど文章ではよくわからない」という方はお気軽にご相談ください。

 

余談ですが、あるアメリカ映画で、認知症のおじいちゃんが朝の洗面所で身だしなみを整えているシーンに「フロス」が登場していました。新しいことは覚えられない、身近な人の顔さえわからない認知症でも、身だしなみの一つとしてフロスが定着しているのだなと感心しました。何より、そのおじいちゃんは入れ歯ではないのです。フロスをきちんと続けると歯を残せる、ということもそのシーンから読み取れるのです。

診療時間

診療日
 
午前
午後
診療時間

午前   9:00~12:30
午後 火~金:14:00~19:30
   土:14:00~17:00
第2・4・5日曜 午前9:00~13:00

*第1・3日曜は休診です。

*最終受付時間は診療時間終了の30分前です。

休診日

月曜、祝日、第1・3日曜
 

診療科目

一般歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

011-233-5557

*診療時間外は電話受付できませんのでご注意ください。

アクセス

011-233-5557
住所

〒060-0041
札幌市中央区大通東3丁目2-3
アルファスクエア大通東3・2F

アクセス

地下鉄東西線
・バスセンター前駅5番出口徒歩2分

大通りテレビ塔から徒歩6分

Instagram

院長のインスタはこちら
公式インスタはこちら